東京製紙で営業職になるの理由

東京製紙外観
POINT01
会社設立1936年。
抜群の安定性地域密着経営

静岡県富士宮市に本社を置く、東京製紙。
1936年に創業以来、特殊紙・機能紙・液体容器パッケージ・紙加工品などの幅広い商材を扱い、売上高は140億円。
社員数も250名を超え、順調な推移を続けています。

東京製紙外観
POINT02
紙の製造から多種多様な
食品紙容器
製造・加工を担う会社。

店頭に並んでいるお菓子の商品パッケージや、ジュースや牛乳パックなど、暮らしの中で身近に接している食品紙容器は、東京製紙が最も得意とする領域です。
他にも、紙への印刷や樹脂フィルム、または金属箔の複合紙など様々な紙の製造・加工を担っている会社です。

職場1
職場2
POINT03
品質安全性の確保。
社員が一丸となって日々改善しています。

東京製紙では品質と安全性を確保しつつ、職場環境を改善するため、PDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルを回しています。社員の働く環境づくりを第一に考えた現場運営を心がけています。

職場2
POINT04
チームワーク重視の現場運営。
互いにサポートしながら
働きます。

東京製紙は、チームワークを重視しています。
仕事は一人ではできません。同僚や後輩であっても気遣いや配慮を忘れない、互いが親身になり意見を聞き入れるなど、個人の意見も大切にする社風です。

職場3

 東京製紙が求める人物像

代表取締役社長写真
成長する人財が、
きらりと光る企業を作る。

当社はファイル用紙、高級パッケージ用紙、および食品用包装用紙の製造・加工を行なっております。紙製ファイル用紙はプラスチック製ファイル用紙とは異なり、リサイクル可能な製品(資源)であることから、現在でも根強いご支持をいただいております。また、素材としての紙は従来の使用用途にとどまらず、より広い可能性をもつ材料として、私たちの生活に浸透しております。当社はこれからも環境に配慮した製品を創りつつ、市場のニーズや多様化する用途や品質に柔軟に対応できるよう、日々成長してまいります。紙事業部門では、ファイル用紙、電子部品の搬送用キャリアテープ、そして食品用紙容器向け用紙の製造・加工を行なっております。

ファイル用紙については、本年1月にオフィス空間や多様な場面に合った新色を追加しました。また、高級パッケージ用紙である金・銀・パール紙は、化粧品・健康食品・医薬品のパッケージ以外にも、菓子箱やパンプレットの表紙等、様々な用途に採用いただいております。これからも当社はきらりと光る企業として生産性向上および技術向上にも積極的に取り組んでまいります。

このような当社の取り組みは、「成長する人財」によって支えられています。「成長する人財」とは、「やるべき事」に対する高い志を持ち、ワクワクしながら「やれる事」にする為の努力を続ける事が出来る人です。当社に入社される方には、私どもと共にワクワクしながら成長を続けていただきたいと思います。

代表取締役社長  佐野 賢治

将来、東京製紙において成長する人財となって頂く為にも、積極的な社員教育に取り組んでいます。
社員教育の様子

 東京製紙の営業とは

私たち営業の仕事は大きく2つあります。
POINT01
他社には負けない顧客満足を目指しています

営業職の基本的な役割は自社と顧客を結ぶことです。自社の製品やサービスを顧客に提案し、「東京製紙に頼んで良かった」と顧客に満足していただける営業活動を日々目指しております。

営業の仕事
POINT02
お客様のご要望に添った提案を追及しています

営業職は製品やサービスに対して深い知識と理解が求められる仕事です。顧客から「こういった製品ってできない?」という貴重な問合せに対して、迅速かつ柔軟に対応する為にも、営業職は取り扱う製品やサービスに対する深い知識と理解が求められます。

営業の仕事
営業の仕事内容を少し紹介します
  • ・ 既存の顧客との取引
    既存の顧客からの受発注・新規案件の提案を行ないます。顧客の要求に応える事で関係が深まり受注に繋がります。その関係性が広く深くなっていく事が営業の面白い所です。顧客から何か相談があったり新規案件の話が出た場合は一緒にアイデアを出したり議論をしながら製品を作っていきます。
  • ・ 新規顧客開拓
    新規顧客に対してTEL・訪問しての営業活動。その中で新規案件を受注した場合は顧客は勿論、社内のあらゆる部署と連携を図りながら製品作りを進めていきます。
    新規獲得までに何度も訪問、小回りの効いた対応を行なったり営業の力の入れ方次第で成果として表れます。
  • ・ 営業の仕事を少し紹介させて頂きましたが、これらを達成する為にはPDCAサイクルを円滑に回す事が重要となります。PDCAサイクルは、事業活動を円滑に進める手法の一つであり、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善します。このサイクルを回す事で成果が表れます。
社員教育の様子

 先輩インタビュー

“当社が手掛けたパッケージが
世の中に陳列される風景を見た瞬間は今も嬉しく思います。”
インタビュー写真01
INTERVIEW
紙事業部 営業1部
芦澤 寛教
PART1
海外志望が強く、大学卒業後は海外に渡り仕事を探していましたが、ある日叔父からある知人の所で働いてみないかとの連絡を受けました。当時は東京製紙と言う会社が地元にある事など全く知りませんでした。ただ祖父も叔父も紙業界に携わっていた事がきっかけで私も働いて見ようと思いました。
インタビュー写真02
自分が携わったパッケージが世に出る喜び
私の部署では高級パッケージ用紙の販売を行っています。自分が携わる仕事をカタチにするためには、コミュニケーションをしっかり取る事です。お互いにコミュニケーションが取れていれば円滑に仕事ができ対応面でも客先に迷惑をかける事もありません。自分が携わった仕事のパッケージ(化粧品、健康食品など)が世の中に陳列される風景をみた瞬間は今も嬉しく思います。
インタビュー写真03
日本一の高級パッケージ用紙メーカーへ
私は小学校低学年からサッカーをやっており、やるからには1番を目指して来ました。それは今も変りません。日本には自社の様に高級パッケージ用紙を扱うメーカーが数社存在します。自社をどこにも負けない日本一の高級パッケージ用紙メーカーにする事が夢です。
インタビュー写真03
一日のスケジュール
8:00
8:00 出社 出社する際には、職場の仲間に挨拶。
メールチェックやスケジュールを確認します。
8:30
8:30 部内朝会 毎朝定期の打合せ
9:00
9:00 メール・FAX 確認 メールチェックやスケジュールを確認します。
10:00
10:00 受注・発注業務 新規引合い、価格交渉、納期調整等の受注・発注業務を行ないます。
12:00
12:00 昼食 昼は同期と仲良くご飯を食べます♪
14:00
14:00 受注・発注業務 午前中に引続き、受注・発注業務を行ないます。
15:30
15:30 ミーティング 同じ部のメンバー及び関連部署と生産・納期調整についての情報共有を行ないます。
17:00
17:00 退社 仕事をパパッと終わらせて退社。
平日は飲み歩きます。
“地元の人たちに東京製紙の魅力をもっと知ってもらいたい。”
インタビュー写真04
INTERVIEW
加工事業部 営業2部 
秋定 雄樹
PART1
地元の企業を希望していたこともあり、東京製紙は昔から知っていました。合同説明会で東京製紙と出会い、普段身近なお菓子や乳製品のパッケージを製造していたことで身近に感じました。また、地元でありながら創業80年の歴史を持っている事に魅力を感じた為、志望しました。
インタビュー写真05
覚えることは多いけど、その分やりがいも大きい!
入社して間もない頃は覚えることが多く大変でした。そこで工夫したのが、普段の作業や仕事の中で自分はどこで躓きやすいのか失敗しやすいのかを理解すること。同じパターンの失敗を繰り返さないようにしました。まだまだ足りない所ばかりですが、1日1日を大切に過ごし、やりがいのある日々を感じています。
インタビュー写真06
地元の人に東京製紙の魅力をもっと知ってもらいたい
地元の人たちには、東京製紙がどういった会社なのか、どんな魅力を持っているのか、まだ充分に理解されていないように思います。より多くの人に東京製紙という会社について、地元の産業である製紙業界について色々と知ってもらえるよう、会社を発展させていきたいです。
インタビュー写真06
一日のスケジュール
8:00
8:00 出社 出社する際には、職場の仲間に挨拶。
メールチェックやスケジュールを確認します。
8:30
8:30 事務所の清掃 皆が気持ちよく働くために清掃を行ないます。
9:00
9:00 メール・FAX 確認 メールチェックやスケジュールを確認します。
10:00
10:00 受注・発注業務 製品の受注・発注等の打合せをお客様と行ないます。
12:00
12:00 昼食 昼は皆と仲良くご飯を食べます♪
14:00
14:00 印刷立会 お客様が来社し、パッケージの色の立会が行なわれます。
15:30
15:30 課ミーティング 同じ課のメンバーが集まり、製品についての情報共有を行ないます
17:00
17:00 退社 仕事をパパッと終わらせて退社。
平日は自宅でゆっくり過ごします。

 上司インタビュー

インタビュー写真01
INTERVIEW
営業1部 営業課 次長 斉藤 春樹
営業についての紹介
営業は市場の動向を掴み、お客様に対して製品の提案・販売をしています。具体的には、受注~出荷等の対応をしています。長年お付き合いいただいておりますお客様以外にも、全国各地のお客様からお問合せいただいておりますので、知らない土地に行くこともあります!親近感を持って接し信頼感を勝ち取ることで、良好な関係を構築し仕事に繋げています。
Q&A
  • Q:営業で大変だと思う事は?
  • A:製品をただ販売する事はある程度の知識を習得すればできます。しかし、顧客の声を真摯に受け止めて、お客様にご満足いただける製品を一つでも多く提案・販売する事が大変でもありますが、そこに仕事の面白さがあると思います。
  • Q:営業のやりがいは何ですか?
  • A:新規獲得です。今まで取引の無かった製品の御注文を頂く事ですが、注文に至るまで多くの時間と労力を要す場合があります。自社の紙を使用した製品が市場に並んでいるのを見ると嬉しく思います。
  • Q:部下の育成で意識している事は何ですか?
  • A:部下がモチベーションを上げて仕事が出来る環境を作ってあげる事です。誰に対しても平等に接し、悩んでいる時は声をかけ、話を聞き、より良い方向に導いてあげる様にしています。
  • Q:求職者の方へのメッセージをお願いします。
  • A:会社の成長に貢献できる営業マンを目指し、一緒にがんばっていきましょう!
営業に求められる人物像
  1. ①社交性
    営業は職業柄、人との関わりが多くなる職種です。相手に対して良い印象を与えられる人当たりの良さが求められます。
  2. ②行動力
    まずは動き出す!!動かなければ何も始まりません。その中でもよく考えて行動し、何が会社にとってメリット・デメリットになるのか理解して行動する事が大事です。
  3. ③交渉力
    お客様の要望に対して忠実に応える事が1番ですが、会社へのメリットも考慮しお客様と交渉してお互いが満足できる着地点を作る事です。出来る方を歓迎いたします。
キャリアアッププラン

自分を成長させ、一人の社会人として会社や社会に貢献できる人財に育てていきます。

  • 入社から6か月

    営業を行うにあたり、必要な基礎知識を習得します。

  • 入社から5年

    既存客先への営業活動を行います。

  • 入社から10年

    既存客先に加え、新規客先への訪問も行っていきます。

  • 将来

    マネジメント業務を行います。

 当社の取組み

「プライベートが充実!」

サッカーチーム集合写真
会社での生活01
会社での生活02
考える力
を職場で養って頂き、やりがい(責任)のある仕事を積極的に取り組んで頂きます。
ワーク・ライフ・バランス
の実現を目指した職場風土の構築に取り組んでいます。
プライベートでの生活01
プライベートでの生活02

 東京製紙 会社概要/募集要項

技術と品質

東京製紙はハイクオリティーであることはもとより、環境にやさしい製品で紙の可能性を追求しています。

東京製紙
会社概要
社 名 東京製紙株式会社
代表取締役 佐野賢治
設 立 昭和11年12月1日
本社所在地 〒418-0022 静岡県富士宮市小泉866番地
資本金 8千万円
売上推移 140億円
概 要 紙類の製造販売、印刷及び紙加工販売
募集要項
職 種 営業職
仕事の内容

紙および紙加工製品の販売業務を行って頂きます。
主な業務は下記の3つとなります。

  • ・お客様からの受注・発注・出荷対応
  • ・ご注文頂いた製品の納期対応
  • ・客先訪問、打合せ(新規案件・既存製品の打合せ等)

社内の指導・教育体制が整っておりますので、未経験あるいは異業種の方でもすぐに慣れて頂けます。

雇用形態 正社員
給 与
基本給
215,000 円 ~ 250,000 円
諸手当
精勤手当 5,000円
住宅手当 1,500円 ~ 5,000円
家族手当 (妻帯者 10,000円、子1名3,000円増、子2名以上15,000円固定)
給食手当 6,350円
環境手当 3,200円
賞 与 年2回(7月、11月) 前年度実績 4.5ヶ月
就業場所 東京製紙 本社
時 間 8:30~16:55
(時間外有り:月平均10時間、休憩時間60分)
通勤手当 実費(上限無し)、但し車通勤は、上限13,300円まで
育児休業取得実績 取得実績有り(取得率(女性):100%)
年間休日 隔週土曜、日曜、祝祭日、夏期休暇、年末年始休暇を合わせ年間101日
弊社年間休日カレンダーに沿う
教育・研修 資格取得支援制度(全額会社負担)
採用実績校 神奈川大学、静岡大学、大東文化大学、東京理科大学、日本大学 他(50音順)