東京製紙で紙加工機オペレーターになるの理由

東京製紙外観
POINT01
会社設立1936年。
抜群の安定性地域密着経営

静岡県富士宮市に本社を置く、東京製紙。
1936年に創業以来、特殊紙・機能紙・液体容器パッケージ・紙加工品などの幅広い商材を扱い、売上高は140億円。
社員数も250名を超え、順調な推移を続けています。

東京製紙外観
POINT02
多種多様な特殊紙
製造・加工を担う会社。

店頭に並んでいる様々な化粧品や医薬品などの高級パッケージに用いられている意匠性に優れた特殊紙の加工は、東京製紙が最も得意とする領域です。
紙への印刷や樹脂フィルム、または金属箔の複合紙など様々な紙の製造・加工を担っている会社です。

職場1
職場2
POINT03
品質安全性の確保。
社員が一丸となって日々改善しています。

東京製紙では品質と安全性を確保しつつ、職場環境を改善するため、PDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルを回しています。
社員の働く環境づくりを第一に考えた現場運営を心がけています。

職場2
POINT04
チームワーク重視の現場運営。
互いにサポートしながら
働きます。

東京製紙は、チームワークを重視しています。
仕事は一人ではできません。同僚や後輩であっても気遣いや配慮を忘れない、互いが親身になり意見を聞き入れるなど、個人の意見も大切にする社風です。

職場3

 東京製紙が求める人物像

代表取締役社長写真
成長する人財が、
きらりと光る企業を作る。

当社はファイル用紙、高級パッケージ用紙、および食品用包装用紙の製造・加工を行なっております。紙製ファイル用紙はプラスチック製ファイル用紙とは異なり、リサイクル可能な製品(資源)であることから、現在でも根強いご支持をいただいております。また、素材としての紙は従来の使用用途にとどまらず、より広い可能性をもつ材料として、私たちの生活に浸透しております。当社はこれからも環境に配慮した製品を創りつつ、市場のニーズや多様化する用途や品質に柔軟に対応できるよう、日々成長してまいります。紙事業部門では、ファイル用紙、電子部品の搬送用キャリアテープ、そして食品用紙容器向け用紙の製造・加工を行なっております。

ファイル用紙については、本年1月にオフィス空間や多様な場面に合った新色を追加しました。また、高級パッケージ用紙である金・銀・パール紙は、化粧品・健康食品・医薬品のパッケージ以外にも、菓子箱やパンプレットの表紙等、様々な用途に採用いただいております。これからも当社はきらりと光る企業として生産性向上および技術向上にも積極的に取り組んでまいります。

このような当社の取り組みは、「成長する人財」によって支えられています。「成長する人財」とは、「やるべき事」に対する高い志を持ち、ワクワクしながら「やれる事」にする為の努力を続ける事が出来る人です。当社に入社される方には、私どもと共にワクワクしながら成長を続けていただきたいと思います。

代表取締役社長  佐野 賢治

将来、東京製紙において成長する人財となって頂く為にも、積極的な社員教育に取り組んでいます。
社員教育の様子

 紙加工機(ラミネーター)とは

ラミネーター

ラミネーター

ラミネーターとは接着剤を用いてアルミ箔やフィルムなど、紙に資材を貼り合せる加工を行ないます。紙や資材の組合せにより、しっとりとした低光沢から鏡面のような高光沢、立体感のあるホログラムなど特徴のある製品を作り上げます。
また、グラビアやエアーナイフといった塗工設備により印刷適性を上げるアンカーコートからメタルゴールド、アルミペースト、偏光パールなどの塗工紙に於いても生産性に優れており、多種多様な製品を可能としています。
東京製紙では2台のラミネーターを設置しており、お客様の用途に合った意匠性・機能性を持つ製品生産を行っています。高級感のある加工紙はアイキャッチ効果が高く、医薬品や化粧品などのパッケージとして幅広く使用して頂いております。

ウェットラミネーターの概要図
ウェットラミネーターの概要図
ウェットラミネーター加工の流れ
  1. 1. 指定された原紙・アルミ又はフィルム・接着剤・アンカー剤(グラビア版)を準備します。各工程で間違いないようチェックリストにて記録を行い、全ての確認が出来たら加工を開始します。
  2. 2. グルーロールにてアルミ又はフィルム裏面に接着剤を塗り、インプレッションロールで紙と圧着させます。表面にはアンカー剤をグラビアで塗工しドライヤーで乾燥、ワインダーかカッターにて製品を整えます。
  3. 3. 塗工紙では紙に直接グラビアかエアーナイフでパールやアルミペーストを塗工しドライヤーで乾燥させます。グラビアとエアーナイフにつきましては以下の特徴により使い分けています。
グラビア塗工
グラビア塗工

グラビア塗工では紙全体へ塗料を均一に塗るため、塗工後の製品は艶やかで平滑が良く、高級感のある意匠性に仕上がるのが特徴です。

エアーナイフ塗工
エアーナイフ塗工

エアーナイフ塗工ではエアー圧により余分なインキを掻き落とします。紙の凹凸が塗工面に出るため、触り心地の良い風合いに仕上がるのが特徴です。

COMPASSO(コンパッソ)

東京製紙は自社ブランドとしてコンパッソシリーズを販売しています。コンパッソではパール調・メタリック調といった塗工紙から低光沢や高光沢、ホログラムなどの貼合紙まで、様々な特殊紙を取り備えています。

パール塗工紙パール塗工紙
パール顔料を紙表面にグラビアコートすることでパール光沢を付与した紙です。こちらのパール塗工紙は全てリサイクルが可能です。
アルミ蒸着ペットフィルム貼合紙アルミ蒸着ペットフィルム貼合紙
アルミ蒸着ペットフィルムを紙に貼り合わせることにより鏡面のような光沢・平滑性を持っているのが特徴です。
アルミ貼合紙アルミ貼合紙
アルミ箔を紙に貼り合わせたものです。アンカー剤に着色することでメタルゴールドの加工も施せます。
ホロフィルム貼合紙ホロフィルム貼合紙
ホログラム加工を施した蒸着ペットフィルムを貼り合わせたものです。独特の立体感や光沢感により高いアイキャッチ効果があります。
アルミペースト塗工紙アルミペースト塗工紙
アルミの粒子を表面に塗工したものです。リサイクル性が高く、こちらのアルミペースト塗工紙では全てリサイクルが可能です。
転写蒸着加工紙転写蒸着加工紙
アルミ蒸着ペットフィルム貼合品と同等の輝度を持ちながら古紙再生が容易に出来る環境にやさしい紙の1つです。

 先輩インタビュー

“未来の自分に向かって成長できる会社”
インタビュー写真01
INTERVIEW
紙事業部 製品加工課 遠藤 誠也(入社4年目)
高校卒業後は地元が誇る製紙業に貢献したいと思い東京製紙に入社しました。入社の決め手は、原紙の生産から様々な加工を手掛けており、身近な商品を製造しているので中堅会社として強い印象を受けた事と、会社見学での実際に働く現場の雰囲気や人柄の良さに惹かれ、仕事がし易い環境だと感じたからです。製品加工課を選んだ理由は、化粧品や医薬品、カードゲームなど目を引く綺麗な紙が地元で加工していた事に感動し、現場の協力し合う雰囲気から、ここで働きたいと思い、入社を希望しました。
インタビュー写真02
緊張感をもって作業に取り組み、やりがい・達成感を感じる
製品加工課ではアルミ貼合、フィルム貼合、ペースト塗工、パール塗工と言った様々な加工を行っています。製品の種類は豊富で1つ1つ仕様が異なるために覚える事が多いですが、先輩達からアドバイスも頂き、やりがいが感じられます。また、製品確認では品質試験や目視確認にて不良を見逃さないように、緊張感を持って行っています。不良を迅速に対応できた時には達成感もあり、より安定した製品作りをしたいという意欲が湧いてきます。
インタビュー写真03
内部コミュニケーションにより、
未来の自分に向かって成長する
先輩方は気さくで優しく、毎日楽しく仕事をさせて頂いています。時には厳しい指導もありますが、間違った行動が怪我や製品不良に繋がるためアドバイスを良く理解し、吸収する事で自分自身の成長に繋がると考えています。
仕事も後輩が入ってきた時には、先輩方から学んだ知識をしっかりと教えられるように日々精進し、また、お手本となれるような先輩を目指したいと思っています。
インタビュー写真03
一日のスケジュール ※朝番勤務の場合
7:00
7:00 出社 作業着に着替えて仕事モードへ!
7:05
7:05 始業ミーティング 本日の作業計画、連絡事項、安全について確認!
7:15
7:15 就業 マシンに就いて、作業に取り掛かります。
11:35
11:35 食事・休憩 仲間と昼食・休憩を取ります。
12:35
12:35 就業 食後の作業に入ります。
14:45
14:45 終業ミーティング 本日の作業を振り返り、情報を共有します。
15:15
15:15 退社 普段着に着替えてオフタイムの始まりです。

 上司インタビュー

インタビュー写真01
INTERVIEW
製造部 製品加工課 廣野課長
製品加工課について紹介
当部署では紙に加工を施し、アイキャッチ効果に優れた製品へ生まれ変わらせる加工を行っています。加工としてはアルミ,フイルムとの貼合、塗工を行っています。又、殆どの社員は未経験で入社していますので、入社後の作業教育や安全教育に力を入れております。尚、仕事に慣れたら業務上必要な資格(フォークリフト等)取得にも取り組んで頂きますので、自身の成長を目指せる職場環境も整備しています。
Q&A
  • Q. 入社してからの仕事内容は?
  • A:まずは基本的な作業(原紙の外観チェックや取り付けなど)を覚えて頂きます。その後は個々の成長に合わせた作業に取り組んで頂きます。
  • Q:部署でなにか心がけている事はありますか?
  • A:見た目が非常に重要視される製品を作っていますので、不良部分の発見、修正の迅速性を心がけています。
  • Q:この仕事のやりがいは何ですか?
  • A:色々なパッケージ、カードとして使用されています。特に自分達が加工した製品の上に印刷等が施されたものを発見すると、世に出る商品のお手伝いを出来ていることが嬉しく、又、やりがいを感じます。
紙加工機オペレーターに求められる人物像
  1. ①元気よく挨拶が出来ること
    職場の雰囲気は職場の社員が作ります。元気な挨拶で職場の雰囲気を良くしていきましょう。
  2. ②報・連・相(報告・連絡・相談)が出来ること
    小さな異変に気付いたら小さなうちに必ず、上司や先輩へ報告・連絡をしましょう。放置しないこと、先延ばしにしないことで、安全・品質を守っていきましょう。
  3. ③3S(整理・整頓・清掃)が出来ること
    職場が整理されていると気持ち良く仕事が出来ます。自発的に3Sをして過ごし易い職場環境を作りましょう。
キャリアアッププラン

個人の能力やご経験によって、個人に合ったキャリアアップデザインを考えております。

  • 入社から6か月

    入社時に作業教育、安全教育、品質教育を行ないます。

  • 入社から4年

    先輩社員から業務内容について教育を受けて頂きます。

  • 入社から7年

    グループリーダーを補佐し、新入社員や後輩社員への教育をお任せします。

  • 将来

    グループリーダーとして、グループを取りまとめて頂きます。

 当社の取組み

会社での生活01
会社での生活02
考える力
を職場で養って頂き、やりがい(責任)のある仕事を積極的に取り組んで頂きます。
ワーク・ライフ・バランス
の実現を目指した職場風土の構築に取り組んでいます。
プライベートでの生活01
プライベートでの生活02

 東京製紙 会社概要/募集要項

技術と品質

東京製紙はハイクオリティーであることはもとより、環境にやさしい製品で紙の可能性を追求しています。

東京製紙
会社概要
社 名 東京製紙株式会社
代表取締役 佐野賢治
設 立 昭和11年12月1日
本社所在地 〒418-0022 静岡県富士宮市小泉866番地
資本金 8千万円
売上推移 140億円
概 要 紙類の製造販売、印刷及び紙加工販売
募集要項
職 種 紙加工機オペレーター
仕事の内容

ラミネーター機にて意匠紙の加工業務を行なって頂きます。
主な業務は下記の4つとなります。

  • ・ラミネーターへの資材取り付け作業
  • ・インキの調色、色合わせ作業
  • ・グラビア版の清掃、交換作業
  • ・製品の品質確認、包装作業

業務は複数名の社員で行います。また、社内の指導・教育体制が整っておりますので、未経験の方でもすぐに慣れて頂けます。

雇用形態 正社員
給 与
基本給
160,000円 ~ 230,000円
諸手当
精勤手当 5,000円
住宅手当 1,500円 ~ 5,000円
家族手当 (妻帯者 10,000円、子1名3,000円増、子2名以上 15,000円固定)
給食手当 6,350円
環境手当 3,200円
交替手当 6,500円
深夜手当
2直2交替 3,100円 ~ 3,900円
賞 与 年2回(7月、11月) 前年度実績 4.5ヶ月
就業場所 東京製紙 本社
時 間
(1)2直2交替
 7:00 ~ 15:15
 14:15 ~ 22:30
(2)常昼(交替無)
 8:00 ~ 16:25
 

(時間外有り:月平均10時間、休憩時間60分)

通勤手当 実費(上限無し)、但し車通勤は、上限13,300円まで
育児休業取得実績 取得実績有り(取得率(女性):100%)
年間休日
(1)
隔週土曜、日曜、夏期休暇、
年末年始休暇を合わせ年間100日
(2)
隔週土曜、日曜、夏期休暇、
年末年始休暇を合わせ年間101日
弊社年間休日カレンダーに沿う
教育・研修 資格取得支援制度(全額会社負担)
採用実績校 富士宮北高校、富士宮東高校、富岳館高校、富士見高校、飛龍高校 他