東京製紙で押出しラミネート機オペレーターになるの理由

東京製紙外観
POINT01
会社設立1936年。
抜群の安定性地域密着経営

静岡県富士宮市に本社を置く、東京製紙。
1936年に創業以来、特殊紙・機能紙・液体容器パッケージ・紙加工品などの幅広い商材を扱い、売上高は140億円。
社員数も250名を超え、順調な推移を続けています。

東京製紙外観
POINT02
紙の製造から
多種多様な食品紙容器
製造・加工を担う会社。

店頭に並んでいる様々な食品やお菓子の商品パッケージなど、暮らしの中で身近に接している食品紙容器は、東京製紙が最も得意とする領域です。

職場1
職場2
POINT03
品質安全性の確保。
社員が一丸となって日々改善しています。

東京製紙では品質と安全性を確保しつつ、職場環境を改善するため、PDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルを回しています。社員の働く環境づくりを第一に考えた現場運営を心がけています。

職場2
POINT04
チームワーク重視の現場運営。
互いにサポートしながら
働きます。

東京製紙は、チームワークを重視しています。
仕事は一人ではできません。同僚や後輩であっても気遣いや配慮を忘れない、互いが親身になり意見を聞き入れるなど、個人の意見も大切にする社風です。

職場3

 東京製紙が求める人物像

代表取締役社長写真
成長する人財が、
きらりと光る企業を作る。

現在、食に対する社会的ニーズはますます多様化しており、それに伴い食品容器の使用用途や品質は高度化しております。当社は市場の需要や社会環境の要望に応える形として「環境に配慮した紙容器」、「調理の簡便化に対応した紙容器」、そして「紙容器の新規用途開拓」を手掛けております。当社の加工事業部門では長年にわたり、スーパーやコンビニ等で販売されているヨーグルト、アイス、防湿タイプのスナック菓子、そして飲料用など食品用途に使われている紙容器用原反の加工をはじめ、簡易抽出タイプコーヒーのクリップ(支持具)、紙皿・紙製ボウルなどを含めた紙加工用原反の加工を行なっております。現在では品質は勿論、環境面にも配慮した社会的ニーズも増えている事から、当社は様々な製品開発をお客様と共に進めております。東京製紙は日々成長しており、多くのお客様から“きらりと光る企業”として高い評価をいただいております。

このような当社の評価は、「成長する人財」によって支えられています。「成長する人財」とは、「やるべき事」に対する高い志を持ち、ワクワクしながら「やれる事」にするための努力を続ける事ができる人です。当社に入社される方には、私どもと共にワクワクしながら成長を続けていただきたいと思います。

代表取締役社長  佐野 賢治

将来、東京製紙において成長する人財となって頂く為にも、積極的な社員教育に取り組んでいます。
社員教育の様子

 押出しラミネート機とは

押出しラミネート機

押出しラミネート機

押出しラミネートとはポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)やポリエチレンテレフタレート(PET)などの熱可塑性樹脂ペレット(写真1)をシリンダー内で加熱・溶融させながら、Tダイから溶融薄膜を吐出させ、紙などの各種基材に薄くコーティングする加工方法です。
また、基材(紙)へAL箔やフィルム等を溶融樹脂を介して貼り合せる加工(サンドラミネート)も行います。この他に当社は共押し(2種類の溶融樹脂を1層で吐出させる)ラミネートも行なっております。

当社では下記の押出しラミネート機を保有しております。
・シングルラミネート機 1機
・タンデムラミネート機 2機
・タンデムラミネート機(共押しタイプ) 1機

押出しラミネート機の概略図
押出しラミネート機の概略図
 
押出しラミネートの流れは主に下記の5工程からなっています。
  1. 1. 巻出し側にラミネートする原紙を取り付けます。
  2. 2. ラミネートする手前のエリアで原紙に表面処理を施します。
  3. 3. Tダイから吐出される溶融樹脂を表面処理された基材にラミネート(コーティング)します。
  4. 4. ラミネートされた原紙は巻取られます。
  5. 5. ラミネートされた端部(耳部)を既定の巾にトリミングします。
製品群
製品群

 先輩インタビュー

“ラミネート加工において品質確認と安全作業は絶対に譲れません”
インタビュー写真01
INTERVIEW
加工事業部 加工2課 望月 良貴
最初は大変...でも自分の工夫次第で!
入社して間もない頃は覚える事が多く、大変でした。そんな中、私が工夫したのが普段の作業や仕事の中で自分はどこで躓きやすいのか、失敗しやすいのかを調べ、対策をすることです。それからは同じ失敗をしなくなり、今では先輩の力を借りなくても一通りの仕事ができるようになり、大きなやりがいを感じられるようになりました。
インタビュー写真02
製品品質と安全作業には細心の注意を!
さまざまな製品のラミネート加工を行いますので、製品毎の品質チェックには細心の注意を払って生産しています。些細なことでも、それが大きなクレームに繋がるので、グループ内でコミュニケーションと連携を取り合って“高品質な製品”の生産を心がけています。
また、ラミネート機には回転体(ロール)が多い機械ですので、安全作業にも細心の注意を払っています。グループ内でも互いに危険行動を注意し、安全な職場環境の整備を心がけています。
インタビュー写真03
みんなでより働きやすい職場をつくろう!
生産現場で作業していると、いろいろな課題が見えてきます。これら課題を解決する為にも一人一人がより良い改善案を考え行動しています。
みんなで知恵や意見を出し合ってより働きやすい環境づくりを目指しています。また、みんなが気持ちよく働けるように全員で環境美化にも積極的に取り組んでいます。
インタビュー写真03
一日のスケジュール ※朝番勤務の場合
7:00
7:00 出社 出社する際には、職場の仲間に挨拶。
7:15
7:15 引継ぎ打合せ 全員集まって、今日の生産予定と安全作業を確認!
7:30
7:30 生産準備 生産予定の資材が揃っているか確認します。
7:45
7:45 生産開始 お客様からご注文いただいている製品を生産します。
12:00
12:00 昼食 昼は皆と仲良くご飯を食べます♪
13:00
13:00 生産再開 午前中に引続き、生産作業を行います。
15:00
15:00 引継ぎ打合せ、退社 次の交代メンバーにこれまでの進捗状況と注意事項、安全作業について確認して帰宅。

 上司インタビュー

インタビュー写真01
INTERVIEW
加工事業部 加工2課 課長 杉浦 和広
加工2課についての紹介
様々な押出しラミネート機を有する加工2課では各マシンの特性を活かした多種多様のラミネート加工を行なっております。また、ほとんどの社員は未経験で入社していますので、入社後の作業教育や安全教育に力を入れております。尚、仕事に慣れたら、業務上必要な資格(フォークリフト運転など)の資格取得にも取り組んでいただきますので、自身の成長を目指せる職場環境も整備しています。
Q&A
  • Q:入社してからの仕事内容は?
  • A:まずは、基本的な作業(原紙の取り付け、樹脂やフィルムなどの資材の準備作業)を覚えていただきます。その後は、個々の成長に合わせた作業を取り組んでいただきます。
  • Q:この仕事で大変だと思うことは?
  • A:樹脂ペレットを高温に加熱しますので、夏場の室内は暑くなり易いです。現在は、作業環境を整備する為、エアコンの増設等を定期的に実施しております。
  • Q:この仕事のやりがいは何ですか?
  • A:実はスーパーやコンビニに陳列されている食品用紙容器の一部は当社で製造しています。皆さんがご存知の商品も当社で加工していますが、それが当社で加工していると知っている人はごく少数です。このように当社は表舞台で脚光を浴びることは少ないですが、食品業界を支えている1社として誇りを持っております。
押出しラミネート機オペレーターに求められる人物像
  1. ①元気良くあいさつができる事
    職場の雰囲気は社員全員で作ります。社員一人一人が元気なあいさつができるよう心掛けています。
  2. ②報・連・相(報告・連絡・相談)ができる事
    職場はチームワークを重視します。小さな異変に気付いたらそのままにせず、上司や先輩社員に報告する体制を整えております。
  3. ③自発的に3S(整理・整頓・清掃)ができる事
    職場全員で気持ちよく仕事ができるように環境整備に心掛けています。
キャリアアッププラン

個人の能力やご経験によって、個人に合ったキャリアアップデザインを考えております。

  • 入社から6カ月

    入社時に作業教育、安全教育、品質教育を行ないます。

  • 入社から3年

    先輩社員から業務内容について教育を受けて頂きます。

  • 入社から5年

    グループリーダーを補佐し、新入社員や後輩社員への教育をお任せします。

  • 将来

    グループリーダーとして、グループを取りまとめて頂きます。

 当社の取組み

会社での生活01
会社での生活02
考える力
を職場で養って頂き、やりがい(責任)のある仕事を積極的に取り組んで頂きます。
ワーク・ライフ・バランス
の実現を目指した職場風土の構築に取り組んでいます。
プライベートでの生活01
プライベートでの生活02

 東京製紙 会社概要/募集要項

技術と品質

東京製紙はハイクオリティーであることはもとより、環境にやさしい製品で紙の可能性を追求しています。

東京製紙
会社概要
社 名 東京製紙株式会社
代表取締役 佐野賢治
設 立 昭和11年12月1日
本社所在地 〒418-0022 静岡県富士宮市小泉866番地
資本金 8千万円
売上推移 140億円
概 要 紙類の製造販売、印刷及び紙加工販売
募集要項
職 種 押出しラミネート機オペレーター
仕事の内容

押出しラミネート機を用いた巻取り原紙へのラミネート加工業務を行って頂きます。主な業務は下記の3つとなります。

  • ・ラミネート機へ原紙の取り付け作業
  • ・ラミネート機の操作あるいは操作補助作業
  • ・ラミネート加工品のワインダー仕上げ作業

業務は複数名の社員で行います。また、社内の指導・教育体制が整っておりますので、未経験の方でもすぐに慣れて頂けます。

雇用形態 正社員
給 与
基本給
160,000円 ~ 230,000円
諸手当
精勤手当 5,000円
住宅手当 1,500円 ~ 5,000円
家族手当 (妻帯者 10,000円、子1名3,000円増、子2名以上 15,000円固定)
給食手当 6,350円
環境手当 3,200円
交替手当 6,500円
深夜手当
3直3交替 34,000円 ~ 43,000円
4直3交替 32,000円 ~ 41,000円
賞 与 年2回(7月、11月) 前年度実績 4.5ヶ月
就業場所 東京製紙 本社
時 間
3直3交替
7:00 ~ 15:00
15:00 ~ 23:00
23:00 ~ 7:00
4直3交替
7:00 ~ 15:00
15:00 ~ 23:00
23:00 ~ 7:00

(時間外有り:月平均10時間、休憩時間60分)

通勤手当 実費(上限無し)、但し車通勤は、上限13,300円まで
育児休業取得実績 取得実績有り(取得率(女性):100%)
年間休日
(1)
隔週土曜、日曜、夏期休暇、
年末年始休暇を合わせ年間96日(3直3交替)
(2)
3日労働1日休日、夏期休暇。
年末年始休暇を合わせ年間98日(4直3交替)
弊社年間休日カレンダーに沿う
教育・研修 資格取得支援制度(全額会社負担)
採用実績校 富士宮北高校、富士宮東高校、富岳館高校、富士見高校、飛龍高校 他